気をつけたい!!薄毛にも前兆があった!

Pocket

抜け毛の原因・脂漏性皮膚炎

 
以前私は脂漏性皮膚炎になったことがありました。

皮膚科で治療しましたが、完治するまで抜け毛が深刻・悲惨な状態でした。

どんな病気でも早期治療が大切です。

 

成人男性のおよそ4人に1人が薄毛(うす毛)

 
日本の成人男性の薄毛率は26%を超えている。
 
 
男性特有の悩みと言えば、薄毛。
 
 
しかし薄毛は男性だけではありません。女性でも悩んでいる方はいるのです。

そうなんですね、今は男性のみならず、女性も薄毛に悩む人が多い時代です。

そこで特に気をつけるべき薄毛の前兆、そして対策を取り上げます。

 

若年性の薄毛が増加中

薄毛というと中高年の悩みのように思われがちです。

しかしもっと若い20歳代、30歳代といった若い年代の人たちにとっても大変深刻な悩みになっています。

 

若ハゲの原因

遺伝や仕事のストレス、生活習慣の乱れ、喫煙、飲酒、運動不足など。

これらは髪だけではなく、体に良いわけがありませんよね。

 

そんな薄毛にも予兆があった

薄毛は基本的に突然起こるものではありません。

必ず何らかの前兆現象があります。

少しでも早く薄毛のサインに気づき、対策を講じるほど病気と同じように改善も早くなります。
 
 

いち早くその予兆に気づくことがポイントです。

特に気をつけるべき3つの予兆

1、頭皮の異常

頭皮がかゆい、フケがでる

「頭皮が赤い」「頭皮が硬い」などがありますが「頭皮がかゆい」のはそれよりもさらに危険

量が多く、痒みが強い場合は脂漏性皮膚炎を起こしている

頭皮のかゆみが起こってきた時点で、ヘア・ケアを見直しすることをオススメします。
 
 

2、抜け毛の変化

抜け毛の根元が細く、丸く白い色をしていない。

 

異常なのは全く丸みがなく色が黒っぽくなっています。

 
 

根元が細いという事は髪の毛の栄養が不足している状態だったり、ヘアサイクルが乱れているという事

 
 

根元のふくらみがなく、直線的になっていると薄げへ発展する可能性があります。

 
 

抜け毛の中に短い毛が増えてくることも特徴です。

 

ヘアサイクルが崩れると短い毛が抜けてきます

 
 

まだ生えて間もない普通なら抜けない成長段階の髪が抜けているということですね。

 
 

つまり、本来は数年かけて成長していく髪の毛が、その成長過程で抜けおちてしまう。

寿命がみじかくなっているという事なんです。

細くて短い毛が簡単にパラパラ抜け落ちるということは健康であればありえないことです。

 
 

薄毛対策

・生活習慣を整える
・栄養バランスの見直し
・十分な睡眠の確保
・飲酒と喫煙を控える

適度な運動やストレッチも効果的です。

 
薄毛対応のものを選択するなど、シャンプー選びにも気をつかいましょう。
 
 
 

更にマッサージも新陳代謝が高まり、毛穴に詰まった皮脂を取り除きやすくなります。

健康で美しい髪の毛を保つことに繋がります。

薄毛の兆しをきちんと見つけて、早めに対策をして健康な髪を維持しましょう。

それでも薄毛が気になる方は

育毛剤メーカーとして研究と実績を重ね、キャピキシル・ピディオキシジルを配合した毛髪トニックが開発されました!

フィンジア、全額返金保証付きでお勧めです。

売れているのには訳がある

キャピキシル・ピディオキシジル配合の毛髪トニック【フィンジア】

決してお安いとは言えませんし、使わないで敬遠するのもいいですが、その効果は体験した人でないと分かりませんね。

頭皮はその人のイメージを形作るアイテムと同じです。

皆さんが健康的で生き生きとした毎日を送られることを、心よりお祈りしております。