投資で勝てない悩みには、これだ!!

Pocket

現在、世の中には実にたくさんのビジネスがありますね。

近年では、インターネットの普及により次々と新しいビジネスが出現しています。

時代の流れと共にビジネスも多様化しているわけですが、インターネットはごく普通の人が、誰でもおこづかい稼ぎのレベルから、ネット収入だけで年収1000万円越え(中にはこれが、月収レベルという人も。)というプレイヤまで続々と誕生しています。

そして、インターネットは個人投資家の増加にも大きく寄与する結果となっています。

ビジネスで稼いだお金は消費や貯蓄に回すだけでなく、お金を増やす、そう!お金に働いてもらうことがとても身近になっているんですね。

ビジネスも投資も多かれ少なかれ、多少のリスクは伴います。

起業したビジネスが、成長・安定していくためには、徹底したリスク管理が鉄則です。

企業は、厳しい競争に勝ち抜くために血のにじむような努力を重ねています。

リスク管理は企業が生き残るために必要な最低限の条件となっているわけです。

まれに放漫経営で倒産する事例がありますが・・・。

自己管理が甘い個人投資家

会社や顧客の資金を運用するプロの投資家は、莫大な金額の資金を運用するため、厳格な管理を強いられます。

常に上司の厳しい監視の目があります。

それとは対照的に、個人投資家は自由な自己資金を運用しますから、自分で自分を管理しなければならず、それが出来ない人はいずれ退場していくことになります。

金融投資はゼロサムゲーム

物を生産するビジネスでは、経済発展、市場拡大、と共にどんどん利益が膨らんでいきます。

一方、FX(外国為替証拠金取引)などは、全体のパイを参加者の間で奪い合うマネーゲームです。

そこは皆で利益を享受するという世界は存在しません。

これをゼロサムゲームと言います。

自分の損失は他人の利益になっているというわけです。

自己管理の徹底が投資を始める必須条件

マナーや社会のルールを守れるのに、自己管理が出来ないのはなぜでしょうか?

人間という生き物は、

痛みを避けて快楽を得る。

という生き物です。

これは万人に共通するものとされてます。

しかしなぜかうまく行く人と行かない人がいます。

その原因は取引に参加することに満足する行動をとっているか、結果を求める行動をしているかの違いです。

自分に厳しく

ひたすら結果を出すために行動する。

PDCAをご存知ですか?

P プラン 計画

D ドゥー 実行

C チェック 評価

A アクション 改善

 P→D→C→A→P……

4つの段階を循環的に繰り返し行うことで、仕事を改善・効率化するための方法とされています。

投資にもこれが利用できるのです。

〇取引をする。

〇結果を確認したら原因を考える。

〇次の取引に生かす。

勝つための手法、負ける手法が浮かび上がって蓄積されて行きます。

自分をしっかり管理できていない人は、勘だけで取引に臨んでしまう。

だから望まない結果になってしまうんです。

こつこつドカン!

うまくいかない個人投資家の典型です。

投資は上がるか下がるかを予想するだけですから、基本的に勝率はほぼ50%です。

したがって誰でもそこそこ勝つことはできます。

しかしなぜか小さな利益を繰り返し手に入れても、損失を発生させる時の金額が大きくなってしまうのです。

そしていつか市場から退場して行きます。

投資で成功するために

投資を始めるにあたり、最も大切なこと。

それは、手法でもノウハウでもありません。

しっかりとした自己管理なのです。

もちろん取引に対する知識が全くゼロではダメですので、勉強は必要です。

そのうえで徹底した厳格な取引を行うことかできますか?

ということです。

最後に

市場というものは情け容赦のないところです。

弱肉強食の世界です。

相場の先行きを知っているのは神のみです。

予期せぬ暴騰、暴落。

相場の急変。

騙し。

本当に厳しい世界ですね。

自分を守れるものは自分だけと言っても、過言ではないでしょう。

それだけの覚悟をもって、市場に臨んでいただきたい。

そう思います。

頑張ってくださいね。