行動ファイナンス・FXで稼ぐのは実はカンタン! しかしなぜ難しいと思ってしまうのか?

Pocket

はじめに

あなたはFX取引を実践されていますか?

取引したことがないという方であれば、

FXに興味がある。

またはこれから始めたい!

という方だと思います。

既にFXで取引手法を確立して安定して稼ぎ続けているという方にはこの記事は参考になるものではありません。

もちろん読み進んでいただいて結構ですが、その点はあらかじめご理解いただきたいと思います。

プロローグ

私はFXを始めて10数年になります。

振り返ってみると最初はとても不思議でした。

取引を繰り返す度に、口座の残高が減少していくんです❗

FXは、上がるか下がるかを当てるだけという❗考え方によればとても単純なゲームです。

どっちをとっても確率は50%ですから、何も考えずに取引すれば口座残高は増えも減りもしないはずです。

もちろんコストがかかる分マイナスになりますが、取引毎のそれは微々たるものですのでここでは考慮しないこととします。

確率50%と言っても当然連勝連敗はあります。

しかしそれは短期的な話であって、取引を繰り返す度にその確率に収束していきます。

であれば基本的な知識を学ぶことでFXで稼ぐことはできるはずなんですね。

それなのに何故か「約90%もの方々が稼げていない。」と一般的に言われているのです。

困った男性

今回のテーマ

そこで

約90%もの方々が稼げていないその原因を探りましょう。

そして対策を打つことで、あなたは稼いで行きましょう!

と言うのが今回のお話しです。

FXに取り組むための誤解

ここまで読んでいただいて何かピーンとくるものがある方は、考え方にとても柔軟性がある方だと思います。

ここから展開していく内容について少しはイメージしていただけたなら、この先も理解していただきやすいと思っています。

ですが、何もイメージが湧かなかったとしても大丈夫です。

人はそれぞれ十人十色、全ての人に支持されるという考え方というものは今の世の中には存在しません。

この先安心して読み進めていただければと思います。

FXに無駄な知識

何事にも成功への近道は、成功を掴んだ先人から直接教えを受けることです。

もちろん私もここに来るまで主に書籍でFXの勉強をしました。

他にもインターネットビジネスの高額コンサルティングや情報商材を購入した経験があります。

その結果、皮肉なことにインターネットビジネスでは失敗し、ほぼ書籍だけで学んだFXで結果を残すことが出来るようになったのです。

無駄な知識とありますが、これは間違った情報ということではなく正しい情報ではあるが人によっては不必要なものという意味です。

稼ぐために必要なことは、難しい取引理論やテクニックを身に付けることではありません。

取引を継続するための自分に合う手法、それもできるだけ簡単な方法を確立することです。

現在、実に様々なFXに関する書籍や情報商材、更にはセミナー、コンサルティング、高額塾などが存在しています。

これらについてとやかく言うつもりは全くありません。

もちろん優秀なものが多数存在しているということも事実だと思います。

ただそれらに触れたことがある方にはお分かりだと思いますが、なかなか自分にとって良いものというものは見つからないのではないでしょうか。

これは何を意味するかというと、それらの手法はあくまで情報発信者ものでありあなたに合う情報であるとは限らないということです。

わざわざ高いお金を支払って、自分には使えないものを手に入れてしまうというリスクを負う必要はありません。

私のこれまでの経験から、相場を張るには難しく考えてはいけないという思いがあります。

このことに関しては取引手法に重ねて、また別の機会に取り上げます。

「取引手法というものは、カンタンなものほどその人に合うものである」という私独自の考え方が私自身の情報発信の原点になっています。

リスクの管理

例えば現在FXをしているあなたは、リスクの管理がキッチリ出来ていますか?

リスクの管理といえば

●適切なレバレッジ

●損失の限定

●資金管理

などが挙げられるでしょう!

ハッキリ言ってFXの基本を身に着けてリスク管理が徹底できれば、FXの世界で生き残ることができるはずです。

ところがそのリスク管理というものが、人間心理にとって大きな障壁となっています。

本をめくる女性

伝統的経済学と行動ファイナンス理論

伝統的経済学では、個人は利潤(あるいは満足度)を最大化するため合理的行動をとるとされていたが、行動ファイナンスでは人間は感情的要因や認識・判断能力の限界などのために偏った意思決定をしやすいとの心理学の意思決定理論に基づいている。

たとえば、人間は「得」よりも「損」に大きく反応する「損失回避の現象」をとることが知られている。

行動ファイナンスは、投資家が自分の都合のよい時点に株価などの比較基準(参照点)を変えがちだというプロスペクト理論prospect theoryを導入。

小さな損失は回避するが大きな損失の確定は先送りしがちだったり、直近の経験などに判断が左右されたりする人間行動を説明するのに成功した。

また相場が上昇を続けると他の投資家と一緒に自分も買いたくなるなど、ほかの人と同じ行動をとりたがるハーディング現象herding phenomenaも合理的に説明した。
 

                  出典:日本大百科全書

”人間は「得」よりも「損」に大きく反応する「損失回避の現象」をとる”

”小さな損失は回避するが大きな損失の確定は先送りしがちだったり、直近の経験などに判断が左右されたりする”

投資における合理的行動を理解しているにもかかわらず、間違った行動をとってしまうという人間心理がマーケット(市場)参加者のほとんどの人に見受けられます。

というのも、多くの人がFXで稼げないという原因がそこにあるというわけです。

正しい行動・正しい方向性

マーケットという悪く言えばお金の奪い合いが行われているという場所で、間違った行動をしていては絶対に良い結果を残すことができないということ。

それは、まさに火を見るよりも明らかと言えるでしょう。

そのような中、マーケットに存在する少数と言われている勝者は、損失を出しながらもトータルで確実に利益を取って行きます。

だとすれば、FXで稼ぐためという以前にあなたがマーケットに参加をする上において、正しい行動をとることが参加するための絶対条件と言えます。

強い意思・強いメンタル

正しい行動をとるということは絶対条件であるということを頭で理解したうえで、それを確実に実践に結び付けます。

ここにおいて言い訳は絶対に許されません。

マーケットは失敗を取り返すという可能性を与えてくれるとしても、失敗を取り消してやり直しすることを認めてはくれないのです。

ここに損失の限定の意義があります。

このことは必ず肝に銘じておいてください。

小さい損失は取り返すことは難しくはありませんが、損失が大きくなってしまっては既に手遅れということになりかねません。

マーケットでは常に冷静に

もう一つFXで大きく負ける大きな要因をご紹介します。

取引中に熱くなってしまったり、恐怖を感じたりすることがありませんか?

取引では常に淡々と冷静に行動することが必要です。

パニックになった状態で正しい判断、正しい行動が出来るでしょうか?

その時とった行動は成るべき結果を生み出すことになります。

損失を取り戻そうと大きいロットで取引を重ね、傷口を広げてしまうというパターンはよくあることです。

私が聞いた話では、1000万円越えの損失を出してしまったという方がいました。

もしよい結果が得られたとしたら、それは運が良かっただけだと理解してください。

そうすることで冷静で正しい行動がとれるようにしていくのです。

良運が都合よく繰り返されるということはありません。

まとめ

長々と解説してきましたが、結論としてリスク管理の徹底がマーケットに参加する上での絶対条件です。

取引のたびに利益を得られるという保証はどこにもありません。

損失を限定できることはマーケット参加者に与えられた権利のようなものです。

最後に

マーケットは日々、そして年々変化しています。

しかし歴史は繰り返すという通り、同じようなパターンが繰り返し出現しています。

そこに稼ぐためのヒントが隠されているわけです。

今後新しい記事を追加して行きますが、この記事は更に更新していく必要性を感じています。

FXをやるからには稼がなくてはいけません。

取引には時にストレスを感じることもあるはずです。

貴重な時間も費やします。

ましてや大切な資金を減らすことはあってはならないことです。

私の情報があなたのお役に立てれば嬉しく思います。