車検安い!ユーザー車検しかやらない、私のユーザー車検日記・書類作成~

Pocket

ご存知の方も多いと思いますが、車検をユーザー自身が受検することを、ユーザー車検と言います。

ここでは、私のユーザー車検の経験を交えて綴ります。

あなたにユーザー車検に興味を持っていただき、実際に受検される時のために少しでも参考にしていただければ、嬉しく思います。

ユーザー車検についての詳しい情報について解説されているサイトや書籍もありますが、この記事では親しみやすく読みやすい内容を意識して。

事前に準備が必要なもの・書類

⓵自賠責保険の継続加入手続き

車検を取ると車検有効期間が延長されますので、自賠責保険の保険期間も延長する必要があります。

保険期間は、延長された車検有効期間より1日でも長く加入する必要があります。

自賠責保険の手続きは、自動車販売店や整備工場、運輸支局付近の代書屋さんなどで可能です。車検証と現在加入中の自動車損害賠償責任保険証明書を持参して、手続きを行います。

自動車損害賠償責任保険証明書は、新旧2枚が必要です。

②自動車税納税証明書(継続検査用)

自動車税を納付したことを証明する書類です。自宅に郵送されていると思います。

検査場について

ユーザー車検は自分の住所地に関係なく、全国どこの運輸支局でも受けることができます。

私は住所地で受けたり、親戚のある隣県で受けたりと色々です。

やはり検査場によって多少の違いはありますね。

例えば、スピードメーターの検査があるんですが、自分でアクセルを踏んで指示速度を出さなければならないところや、設備がタイヤを回転させてメータを動かしてくれるところがあります。両方の設備がある検査場もあります。

この検査ですが、タイヤがローラーに乗った状態でアクセルを踏み込むため、普段道路を運転している時とは少し感覚が異なりますので、初めての人は少しやりにくさを感じるかもしれませんね。

検査場での受検手続きは、特に難しいものではありません。

ユーザー車検は一昔前は一般的ではなかったため、陸運局の検査員対応も親切とは言えなかったようです。

まあ検査員にとっては素人は手がかかって面倒だということだったんでしょうね。

知人は検査員の印象を少しでも良くしようと、わざわざ作業用のつなぎを着て受験していました。

今はユーザー車検を受ける人も増え、陸運局にもユーザー車検受験者の窓口ができています。

検査員の方も、まあ人によるところもありますが、親切な方が増えているように感じています。

初めて受検される方は全く分からない状況ですので、不安と緊張が入り混じった状態だと思いますが、それは誰でも同じですので、あまり深く考えないようにしましょう。

ユーザー車検の流れ

予備点検場                       予備点検場

⓵24か月点検整備(前車検、後整備も可)

②車検予約(忘れると受検できない場合があります。)

予約は、受検日の2週間前から受け付けています。

また、継続検査は、前記の通り全国どこの検査場でも受けられますので、予約がとれない場合には他の検査場での受検も検討の余地があります。

③予備点検(車検場の近くにある予備点検場で検査してもらいます。)

④車検

⑤不合格の場合、再度整備、再受検。

私が初めてユーザー車検を受けたのは、軽自動車でした。

その時は不安だったため、予備点検場のスタッフが車検場のラインを有料で通してくれる代行プランがあったのでそれを利用しました。

もし同じようなプランが利用できるなら、初めての方にはお勧めですね。

車検場に同行して実際の受験の様子を自分の目で確認できるため、その後の受験の良い勉強になります。

もちろん他車の受験の様子を見学することも可能です。

ちなみに検査場は普通自動車と軽自動車では異なります。

普通自動車は運輸支局、軽自動車は軽自動車検査協会で受検します。 

予備点検

予備点検場は、車検前に車検と同じ内容の検査を受けるところで、調整や不具合をチェックします。

検査項目は選択できるところが多いようですが、全ての項目を受けると安心です。

ただスピードメーターの検査は受けなくてもいいと思います。

反対に、ヘッドライトの光軸は受けるべきだと思います。

他には、排ガスくらいでしょうか。

予備点検全てをクリアできれば、車検も合格できるはずです。

新しいクルマは特におすすめ

初回車検のクルマは、当然のことながらコンディションはいいので、ほとんど整

備の必要がない場合も多いようです。

初心者の受検には最適だと思います。

車検の意義

車検は、国が定期的に個々の自動車の保安基準を検査するものです。

車検に合格すれば自動車の安全が保証されるというものではありません。

必ず各自の責任において定期的に点検整備を行う必要があります。

私のユーザー車検の思い出

1⃣検査項目のヘッドライトの光軸検査は、調整しておかないと不合格となることが多いようです。

私は車検直前にディーラーでヘッドライトのバルブ交換をしたため、調整せずに合格しました。

2⃣スタンドでオイル交換をしたら車検をしつこく勧めてくるので、見積もりぐらいならいいか!?と。

そしてせっかく診てくれたので、悪いところだけは修理してもらいました。

3⃣車検に関する書籍はいくつか販売されていますが、専門の雑誌の方が親しみやすいのでいいと思います。

私は、下記の号ではありませんが、オートメカニックを参考にしていました。

最後に

車検も自動車の歴史と共に、変化してきました。

車検は業者が行うものという時代から、今ではユーザー車検が一般的になり、24か月点検の検査項目も絞られました。

更に整備工場による過剰整備の防止のため、以前の点検整備後車検から、現在は前車検後整備が可能になりました。

ユーザー車検をするようになると、愛車のコンディションに敏感になります。

まるで調子を崩したペットを心配するように。

愛車のメンテナンスをしっかりするようになり、大切に長く乗るきっかけになると思いますよ。