FXはレバレッジを効かせることが出来るため、 少額から始めていきなり大きい取引を行うことが可能です。

FXに関する書籍

FXの本は、本屋でFXのコーナーが作られているほど、たくさん販売されています。

FXの本は、FXのやり方について解説されているもの、そしてFXで成功した、または大きく稼いだ人の自分の手法を公開しているものがあります。

他にも毎回特集記事を載せている月間誌なども販売されています。

どれを選んだらいいかとても迷いますね。

稼いでいる人が公開している手法を真似したら誰でも稼げるか?と言えば、そうではありません。

それが正しい稼げる手法であったとしても、あくまでその人が取引に使用している手法であって、だれにでもできるという訳ではありません。

特にFX取引の成否はメンタルに因るところが大きく、いくら優れた手法を実践したとしても上手くいくとは限らないのです。

従って、最初は基本的な事が書かれた読みやすく分かりやすそうな内容の物を選ぶのが賢い選択であると言えます。

FXは少額から始めよう

レバレッジが効かせられるFXは安全のため少額から始めるのが基本です。

例えば10万円から始める場合と100万円の場合を比較してみましょう。

10万円の場合、例外もありますがどんなに失敗しても基本的に10万円の損失で済みます。

100万円の場合は、低レバレッジで取引できるから安心だと思うかもしれません。

しかしそれは甘い考えであると言わざるを得ないのです。

行動ファイナンス理論では、人間は結果的に損をする行動を取るといわれています。

行動ファイナンス・FXで稼ぐのは実はカンタン! しかしなぜ難しいと思ってしまうのか?

いくら低レバレッジで取引を続けても、損失を積み重ねたら100万円でも1000万円でもどんどん資金は減少します。

そして高額でレバレッジを効かせて損をすると、あっという間に資金が無くなってしまいます。

損をする取引を続けることが人間の基本的な行動パターンであるならば、資金がいくらあったとしても、取引に参加する意味はありません。

まず頭において欲しいことは、取引手法を学ぶのではなく、稼ぐための行動を学ぶべきなのです。

しかし、ほとんどの人は稼ぐことばかり考えてしまい、稼げる手法を追い求めてしまいます。

中には次々と色々な手法を試したり、高額塾で学んでみたりして結局損ばかりしているという人もいます。

これはインターネットビジネス全般においても言えることです。

手法の前に、マインドを自分の頭に叩き込むべきなのです。

FXで成功できるまでの手順

まずFXについて、基本書で学ぶことから始めます。

基本を理解したら、デモ口座を開設してデモ取引を行います。

しかしデモだからと言って真剣に取り組まなければ、単なる時間の無駄になってしまいます。

もしいい結果が出たとしても、デモ取引はあくまでデモでしかありません。

自分の生きた資金を投入して行う取引とは同じではないのです。

その違いは、メンタルです。

やはり真の取引で少しづつ慣れていかなければなりません。

 

 

PR