FXの真実 始める前に知っておくべき! カンタンに勝てないわけ

Pocket

FXは金融商品取引法に定められた合法ノミ行為(ノミこうい)。

ノミ行為

ノミ行為とは、先物取引等相場性を有する取引きの委託または委託の取り次ぎを受けた者が、それをすることなく自らが取引きの当事者となって、取引きを成立させることをいいます。

あなたは、競馬に興味はありますか?

馬券は自分で販売所で手に入れることができます。

例えば、あなたが友人に「8,000円くれたら、1万円分の馬券を代わりに買っとくよ」と言われたらどうしますか?

2,000円得するから、頼んでしまうかもしれませんね。

しかしこの友人は「馬券なんて当たりっこない」と考えてますから、1万円の馬券を実際には買わずにもらった8,000円は自分の懐に入れようとしているのです。

馬券がハズれたら、”馬券はハズれた”と言って8,000円は友人のものとなります。

しかし馬券が当たると、その友人は配当を支払うことになるはずです。

この一連の流れが「ノミ行為」と言われているのです。

買うと言って実際には買っていない。客がハズれることを大前提として稼ぐ犯罪です。

ノミ行為を行った人はもちろんですが、8,000円を渡した人も処罰される可能性があります。

そして、FX会社でも同じようなことが行われているとかいないとか…⁉

繰り返しますが、FXは金融商品取引法に定められた合法ノミ行為です。

相対取引

相対取引は「あいたいとりひき」と読み, FXの場合では店頭FX業者との取引の形態のことをいいます。

FXを含めて 様々な金融市場に存在している取引形態で,取引所を介さず 直接売り手と買い手が当事者間で取引を行うことを相対取引と呼びます。

「あなたがドル円を買ったときの売り手はFX会社」ということになります。

従って、顧客の損した分が業者の売上・利益の全てになるんですね。

FXは「お金を払って遊ばせてもらうゲーム・娯楽・合法賭博」であり、株とは違って投資・資産運用・金儲けの手段にはならないという考え方もあります。

ということであれば、パチンコと同じく「適度に楽しむ遊び」といえるかもしれません。

従って、のめり込み・依存症には十分注意が必要です。

業者は法律に従った取引を行い、「契約締結前交付書面」を交付してその証拠に面で説明責任を果たしています。

⓵取引は顧客と業者だけで完結しカバー銀行・同業他社・インターバンク・他会員など第3者は関わりません。

②顧客の負けた分が業者の売上・利益になります。

スプレッドの差が業者の利益になるというのは間違いです。

(3)顧客向けのレートは各業者が独自に(悪く言うと勝手に)作成しています。

マスコミなどで報道されるレートと同じではありません。

これは「レート操作」といわれることも。

④そして、顧客個別に違ったレートを配信することもあるようですね。

⑤実際には為替(通貨)の売買をするのではなく、取引決済の後に差額だけをやり取りする取引です。

買うと下がり売ると上がる

証券取引所取引である株と違い、FXは顧客と業者が一対一で取引条件を決める店頭取引です。

業者が会員全てに同一のレートを配信しない場合もありえます。

従って、同時にに110円、110円3銭、110円5銭で買う人がいるかも知れません。

買うと下がり、売ると上がるというのはここらあたりが怪しいかも・・・。

デリバティブ取引

デリバティブ取引とは為替その物の取引ではなく、そこから派生する取引のことを言います。

つまり為替の売買はしないのです。業者は同業他社や、インターバンクなどと外国通貨の取引は行いません。

外国通貨を用意する必要もありません。

従ってスプレッドの差が業者の利益になるということはありません。

店頭取引・相対取引なので特定の会員を狙い撃ちしてストップ狩りを仕掛けたとしても、法律違反とはならない可能性が高いです。

主要証券各社のコメント

●マネーパートナーズ

当社がお客様に提示するレートは、当社の取引提携金融機関から配信されたレートをもとに、インターバンク市場の実勢レート等を考慮した当社のレートです。当社がお客様に提示したレートは、原則として約定拒否することなく約定いたします。

●GMOクリック証券

当社が会員ページにおいて表示している店頭外国為替証拠金取引に係る各通貨の価格は、インターバンク市場に参加している当社のカバー取引先から提供される最新の価格を参照し、当社がお客様向け取引レートとして算出したものです。

●ヒロセ通商

当社のFX取引サービスはお客様と当社の相対取引であり、取引所取引ではありません。当社では、複数のカバー先からの配信レートをもとに当社で生成した独自のレートをお客様に提示しています。そのため、当社が提示するレートは、カバー先や同業他社が提示している為替レートと必ずしも一致するものではなく、市場レートや他社の提示するレート等と大きく乖離することがあります。お客様は当社に対し、外国為替市場の外国為替レートに基づいて当社が提示する外国為替レート以外のレートを主張できないことをあらかじめ承諾するものとします。

●FXブロードネット

ブロードネットはお客様と当社との相対取引であり、当社の信用状況によっては損失を被る危険性があります。また、当社が提示する為替レートは他の情報(テレビやインターネット等)とは同一ではなく、不利な価格で成立する可能性もあります。

まとめ

FXは顧客と店頭FX業者との取引の形態のことを相対取引いいます。

「あなたがドル円を買ったときの売り手はFX会社」です。

従って、顧客の損した分が業者の売上・利益の全てになります。

スプレッドの差が業者の利益になるというのは間違いです。

顧客向けのレートは各業者が独自に(悪く言うと勝手に)作成しています。

FXは金融商品取引法に定められた「合法のみ行為」であるため、投資・資産運用・金儲けの手段にはならないという考え方もあります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする