個人インターネットショップ、おすすめの集客

Pocket

以前からせどりを経験してきましたが、ここに来て遂にネット上にショップを構える事となりました。

今までアマゾンやBUYMAで物販を経験しました。

なので、その延長かなとか思っていましたが、今思うのは別物だなというのが正直な感想です。

アマゾンなどのプラットフォームと自分でネットショップを立ち上げる事との大きな違いは、集客ですね。

アマゾンは莫大と言われている!?広告費のおかげで販売力は抜群。

売れる商品を出品すればお客様は常に存在しているので、ほぼ確実に売れていきます。

それにしてもAmazonの販売力は驚異ですね。

それに引き換え自分でネットショップを立ち上げる場合は、1から集客を行って行かなければいけません。

さあそれでは集客について何をするべきか?

①SEO検索エンジン最適化により、検索結果上位にショップを表示させて、お客様を誘導する。

②SNSからショップへお客様を誘導する。

③広告により、お客様を誘導する。

そこで私が行ったのは、検索エンジン最適化です。

検索エンジン最適化のいいところは、まず検索を行い商品を探している購入意欲の高いお客様をショップに呼び込めることです。

あなたなら欲しい商品ができたら、どうしますか?

欲しい商品を検索エンジンで検索するのではないでしょうか?

検索エンジンからやって来るお客様は、購入意欲が高いのです。

更に検索エンジン最適化では、それを自分で行うのであればコストがかからないというメリットがあります。

デメリットはというと、それ相応の知識がなければ上位表示は難しいところですね。

ただ解説書を1冊購入して、ネットで調べながらコツコツとやっていけば、出来ないことはありません。

更に広告による宣伝も行ってみました。

FACEBOOK広告と、業者に広告の出稿、管理をすべて任せる広告宣伝の2つをやってみました。

広告効果は即効性とともに確実に表れます。

特に業者に依頼すれば、的確に調整された広告を出稿してくれます。

しかし広告はコストがかかってしまいます。

しかも業者に任せる場合では、当然のことながらFACEBOOK広告よりコストが高くなります。

開業したばかりの時に広告をうつのは、 収益があまり上がっていない中なので厳しいものがあるとは思います。

しかしだからこそ効果的なことも事実ですね。

まずSEOで集客のベースを固めて、タイミングを計りながら広告を打っていくという戦略で、臨んでいます。

集客、接客は商売の命!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする