BUYMA 無在庫販売のリスクとは

Pocket

BUYMAと言えば、世界各地に在住しているパーソナルショッパーがアパレル商品を中心としたブランドアイテムを世界各地のショップから買い付け、ユーザーに提供する人気プラットフォームです。

出品者であるパーソナルショッパーには必須条件はありますが誰でもなることができ、副業としてだけではなく、本業として高利益を安定して上げ続けているショッパーも、多数存在します。

ショッパー必須条件とは

  • 日本語でのお客様との円滑なやり取りが可能
  • 日本への商品発送が可能
  • 満20歳以上

副業として始めるBUYMAの魅力とは

BUYMAは無在庫販売が認められています。

即ち、ユーザーから注文が入ってから商品を買い付けることができるのです。

ユーザーは基本的に成約後のキャンセルは認められていませんので、在庫が手許に残ってしまうというリスクがありません。

これについては、物販を業とする人にとっては大きな魅力といえるかもしれません。

物販の生命線は、売れる商品を取り扱うこと。

無在庫販売のリスクがないからと言うだけで、BUYMAを始めようかと考えている人には、正直お勧めできません。

その理由を解説して行きます。

リスクⅠ

先ほど書いた”物販の生命線は、売れる商品を取り扱うこと。”に関連することです。

BUYMAで活動する目的は何か?

それはもちろん収入を得ることですよね。

当然無在庫販売で在庫を抱えるリスクを避けることではありません。

在庫を抱えることがない安心感から、出品商品リサーチをしない、またはいい加減なリサーチをしてしまう危険があります。

出品商品は売れる商品でなければ、殆ど売れることはありません。

有在庫であれば、当然売れる商品を仕入れる必要があります。

従って、リサーチには手抜きが出来ないのです。

なので、商品は売れますし稼ぐことができます。

BUYMAでも在庫を確保して出品しているショッパーも多数存在しています。

なぜかというと、無在庫販売をしているショッパーよりユーザーへ短期間で商品を届けることが可能です。

一般的に無在庫販売では、ユーザーから注文が入ってから商品を買い付けますが、そのため商品を確保するまでどうしても時間がかかります。

特に日本在住ショッパーが、海外のショップから商品を買い付けるとかなり時間がかかります。

それは海外から日本に商品を配送する日数が長いためですが、更に、海外のショップは管理が甘いところがあり、注文が入っても発送の対応を怠るショップもあります。

当然配送期間の短い在庫販売のショッパーが有利になります。

キャンセルリスク。

手許に

更に売れる商品を確保することで、確実に稼ぐことが可能なのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする