アマゾンFBA注意したいこと

Pocket

年末年始商戦も終了しましたが、せどりをされている方も落ち着いているのではないでしょうか?

インフルエンザは流行盛んで、冷え込みも一層厳しくなりますので、体調には十分お気を付けください。

何より体が資本ですから。

FBA納品

フルフィルメント by Amazon(FBA)は、Amazonの配送システムを活用し、商品の保管から注文処理・出荷・配送・返品に関するカスタマーサービスまでを提供してくれる正に個人出品者にはありがたい個人出品者のためのサービスですと言ってもいいのではないかと思えるくらいのサービスです。

FBAを利用することで仕入れた商品をAmazonに納品すれば、販売から後の作業を殆ど省略出来るのです。

ただ、手数料が高めなのがちょっとネックになりますね。

さて素晴らしいシステムにも注意点があります。

当然と言えば当然なんですが以下にも書いてある通り、実際に起きているようです。

そこで今日のテーマはFBA納品の際に注意すべきことを取り上げます。

FBA納品は細かいルールはありますが、商品登録をしてバーコードシールを貼った商品を全て箱に収めて、ケースに納品シールをに貼る、というのが基本作業です。

手順通りに作業を進めればミスをすることはありませんが、人間がすることなので現実にミスは発生しているようです。

主なミスの内容

①予定納品数と納品した商品の数が異なる数量差異。

②納品予定商品と異なる商品の納品。

③納品商品のバーコードシールの貼り間違い。

④バーコードの読み取り不良。

⑤商品以外の物の混入

⑥梱包不良

などがあります。

これらのミスはAmazonでのスムーズな商品登録の妨げとなり、入荷処理の遅延につながるため販売機会の損失につながります。

また納品をAmazonが受け付けない場合、商品を返送するための返送料、そして再度納品するための送料と余計な費用がかかります。

しかもAmazonに迷惑をかけてしまうことになりますね。

納品ミスを繰り返すとAmazonはFBA納品を受け付けてくれなくなる可能性もあります。

これはマズイですし、絶対に避けなければなりません。

しかし十分避けられる事象です。

作業は毎回手順通りに行い、常に緊張感をもってあたることが大切です。

心配な方は、十分に気を付けて頂きたいと思います。

異物混入

絶対にやってはいけないのが、カッターナイフやハサミをFBA納品ケースに混入させてしまうことです。

これをやってしまうとほぼ確実にその後のFBA納品を拒否されてしまいます。

ついうっかり!では済まされません。

十分にご注意ください。

納品代行

FBAの納品を請け負ってくれる業者が存在します。

これを利用することにより、更なる効率化を目指すことができます。

仕入れる商品を仕入先から直接代行業者宛に送ります。

FBAの手数料に加え代行業者への手数料も発生しますので、仕入れ価格の安い中国輸入が主になると思いますが、物販の肝はリサーチで売れる商品を見つけることですから、外注可能な作業は極力省略すべきです。

最後に

ミスに気を付けるのは当然のことですが、意外とこんなところをないがしろにしてFBAを利用できなくなる方がいます。

繰り返しになりますが、十分に気を付けましょう。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする