◉ウォシュレットの掃除方法 やり方は簡単

Pocket

外国人が驚くという、日本特有のトイレ文化、ウォシュレット。お尻を清潔に保てると、日本においては毎日の生活で欠かすことのできないものとなっています。

しかし、便器の掃除をするために便座を上げて、ウォシュレットのノズルを見た瞬間、その汚れぶりにゾッとしたことはないでしょうか?

ついつい見逃しがちであるウォシュレットの清掃方法について、今回はご紹介いたします。

是非ともチャレンジしてみてくださいね。

 ウォシュレットの汚れの種類

ウォシュレットの汚れは、便や尿の飛び散った汚れが付着したものです。汚れたまま放置すると、汚れが固まってしまったり、ニオイのもとになったりしてしまいます。

また、水が出るところですから、どうしても水垢が溜まります。

 ウォシュレットを掃除しよう!

  •  ウォシュレット(ノズル部分)掃除に必要な物

歯ブラシ トイレクリーナーシート

ゴム手袋、使い捨てトイレクリーナーシート、トイレ用中性洗剤、使用済みの歯ブラシ

 ウォシュレット掃除の手順

① ウォシュレットのノズルを引き出します。掃除機能が付いているウォシュレットの場合は、ボタンを押します。掃除機能ボタンがない場合、ノズルの先の取っ手を引いて引き出します。

② ノズル部分にトイレ用中性洗剤をかけ、使い捨てトイレクリーナーシートできれいに拭きます。

③ ウォシュレットのノズルの細かい部分は、使用済みの歯ブラシできれいにします。

④ きれいに拭いた後、ノズルをもとの位置に戻します。

 ウォシュレットのノズル清掃のポイント

ウォシュレットは、とてもデリケートな部分です。メーカー、機種によって使える洗剤、掃除方法が異なります。取扱説明書をご確認ください。

  •  ノズル部分は、破損しやすいので、力を入れすぎず、やさしく丁寧に扱いましょう。

 ウォシュレットのパネル部分を清掃しよう!

  •  パネル部分の清掃に必要なもの

布、綿棒、または割りばしに布を巻き付けたもの

綿棒        綿棒(200本*2コパック)

 パネル部分の清掃手順

① パネル全体を、布で水拭きします。

② 細かい部分は綿棒や割りばしに布を巻き付けたもので、きれいにします。

最後に乾拭きをするといいでしょう。

 パネル部分清掃のポイント

パネル部分は、電子機器ですので、水拭きする際の布をしっかり絞ることが大切です。

静電気を帯びやすい部分なので、ホコリが溜まりやすくなっています。定期的に清掃するようにしましょう。水拭きする際の水に柔軟剤を少し入れておくと、静電気の発生を防いでくれます。

まとめ

トイレのウォシュレットの清掃についてまとめました。目につきにくいところにありますから、ついつい汚れを見逃してしまいそうになります。

デリケートな部分を洗う水が出るところなので、清潔に保ちたいですね。つい忘れてしまいがちなので、月初めとか定期的にする日を決めておくといいと思います。定期的に掃除をすれば、汚れも溜まらず清掃が簡単に済みます。汚れは一旦溜めてしまうと、落とすのにとても時間と手間がかかります。

清潔なノズルやパネルは、使っていてとても気持ちいいものです。是非、定期的に清掃して気持ちよくお使いください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする