Pocket

FXは上がるか下がるかをを当てる投資法ですから、値動きの予想は50パーセントの確率で当たります。

 

FXは基本を学んでさえいれば、難しく考える必要はありません。

 

ただひたすら淡々と取引を繰り返すだけですね。

 

さて、FXを淡々と取引すると言ってももちろん押さえておかなければならない重要なポイントがあります。

 

今回はそれについて見ていきましょう。

 

男性ビジネスマン

 

資金管理

私は資金管理が最も重要だと考えています。

 

資金管理は、投資資金を安全に保つことです。

 

1度の取引でどこまで損失を許容できるか?

 

それは取り戻すことの可能な損失の範囲をいいます。

 

資金管理が出来ていない人の典型が、コツコツドカンのパターンなんですね。

 

1度でも大き過ぎる損失を出してしまうと、取り戻すどころか市場から退場せざるを得ない状況に陥りかねません。

 

ドカンと利益を大きく超えてしまう、というか利益を吹き飛ばして余りある損失、大きい損失をだしてしまうと、稼ぐどころの話ではなくなってしまいます。

 

この対策として、エントリーしたら必ず逆指値を入れておくようにするのです。

 

もちろん逆指値は、繰り返しますが取り戻し可能な損失というのが前提になります。

 

しかし意外とこれが難しく、損失を確定させてしまうことに抵抗を覚える人が多いようです。

 

そこで逆指値注文は保険であると考えましょう。

 

あらかじめ決めた金額以上の損失は出すことがなくなりますので、きっと取引に安心感を覚えると思います。

 

チャートに従う

チャートを見ながら取引を行います。

 

何当たり前のことを言ってるの?と言われそうですが、値動きに翻弄されることはありませんか?

 

例えば値動きが激しくなって急上昇始めたから、ついつい乗ってしまって約定したら高値掴みだった。

 

これってチャートのポイントで買っていると言えるでしょうか?

 

更に高値掴みして急に下がりだししっかり下げたところで怖くなって損切をする。

 

典型的負けパターンです。

 

こんなことを繰り返していたら、確実に資金は減少して行くでしょう。

 

特に冷静でない時は危ないですね。

 

エントリーポイントはチャートに聞く!

 

チャートには取引に必要な情報が詰まっているのです。

 

チャートは稼ぐための最強ツール

チャートには色々な値動きが描かれていますが、それぞれパターンがあります。

 

そのパターンについては、ここでは割愛させていただき、専門のチャート解説書をご参考にしていただきたいと思います。

 

パターンを覚えるのは勝利への近道となりますが、もちろん毎回パターン通りの値動きをするという訳ではありません。

 

しかしパターンを理解していると、値動きがある程度読めるようになります。

 

こうなればしめたものです。

 

チャート書やリアルタイムのチャートに出来るだけ触れて、パターンを理解していくようにしましょう。

 

テクニカルチャートは必要か?

チャートにはRSIやMACDなどのテクニカルチャートがありますが、私が普段使っているのは、移動平均線だけです。

 

これについては個人で使いやすいと思うものを選べばいいと思いますが、あまり凝って難しく考える必要は無いと思います。

 

移動平均線だけでもラインに沿った値動きを見せているので、十分に使えますしシンプルでいいと思います。

 

まとめ

チャートの読み方の解説を期待された方には、少し物足りない内容だったかもしれませんね。

 

しかしチャート以前に大事なことを取り上げたつもりです。

 

また次回以降にチャートのポイントについて、取り上げれたらと思います。

 

それでは。

 

 

 

 

PR