ウォシュレットの掃除方法 やり方は簡単

外国人が驚く、日本独自のトイレット文化、ウォシュレットですが、お尻周りを清潔に保てると、日本では日常生活で欠かせないものとなっています。

ところが、便器の掃除をしようと便座をあげて、ウォシュレットのノズルを見た時、その汚れぶりにぞっとしたことってないでしょうか?

 

つい見逃しがちなウォシュレットの掃除方法について、今回はご説明します。

是非ともチャレンジしてみてください。

 

 

 ウォシュレットの汚れの種類は?

 

ウォシュレットの汚れは、尿や便の飛び散りが付着したものです。汚れてそのまま放置すると、汚れが固まったり、ニオイのもとになったりします。

 

また、水が出るところですので、水垢がどうしても溜まります。

 

 

 ウォシュレットを掃除しよう!

 

  •  ウォシュレット(ノズル部分)掃除に必要なもの

 トイレクリーナーシート

 

 

ゴム手袋、使い捨てトイレクリーナーシート、トイレ用中性洗剤、使い古しの歯ブラシ

 

 

 ウォシュレット掃除の手順

 

① ウォシュレットのノズルを引き出します。ウォシュレットに掃除機能が付いている場合、ボタンを押します。掃除機能ボタンがない場合、ノズルの先の取っ手を引いて引き出します。

② ノズル部分にトイレ用中性洗剤をかけ、使い捨てトイレクリーナーシートできれいに拭きましょう。

③ ウォシュレットのノズルの細かい部分は、使い古しの歯ブラシできれいにしましょう。

④ きれいに拭いた後、ノズルをもとの位置に戻しましょう。

 

 ウォシュレットのノズル掃除のポイント

ウォシュレットは、デリケートな部分です。メーカー、機種によって使える洗剤、掃除方法が異なりますから、取説をご確認ください。

  •  ノズル部分は、破損しやすいので、力を入れすぎず、やさしく丁寧に扱いましょう。

 

 

 ウォシュレットのパネル部分を掃除しよう!

 

  •  パネル部分の掃除に必要なもの

 

布、綿棒、または割りばしに布を巻き付けたもの

 

 

        綿棒(200本*2コパック)

 

 

 パネル部分の掃除手順

 

① パネル全体を、布で水拭きしましょう。

② 細かい部分は。綿棒や割りばしに布を巻き付けたものできれいにしましょう。最後に乾拭きをするといいでしょう。

 

 パネル部分掃除のポイント

 

パネル部分は、電子機器なので、水拭きする際の布をしっかり絞ることが大切です。

静電気を帯びやすい部分なので、ホコリが溜まりやすいです。定期的に掃除するようにしましょう。水拭きする際の水に柔軟剤を少し入れておくと、静電気の発生を防ぎます。

 

 

まとめ

 

トイレのウォシュレットの掃除についてまとめました。目につきにくいところにあるので、つい汚れを見逃してしまいがちです。

 

デリケートな部分を洗う水が出るところなので、清潔に保ちたいですね。つい忘れてしまいがちなので、月初めなど、定期的にする日を決めておくと、忘れることが少ないです。定期的に掃除をすれば、汚れもたまらず、掃除が簡単に済みます。汚れは溜めてしまうと、落とすのに時間も手間もかかります。

 

清潔なノズルやパネルは、使っていても気持ちいいものです。ぜひ、定期的に掃除をして気持ちよくお使いください。